2020/9/18
Breaking News

転職成功の近道は職場見学

介護業界では、経験者や有資格者を好待遇で採用しようとする事業所が増えていることもあり、キャリアアップや収入アップを目的として転職を志す人も多くいます。
自分の能力や経験に合う職場を見極めるためにも、職場選びを行う際には、気になる老人ホームやグループホームなどの施設見学に申し込みをすることが大切です。

特に、昼夜を問わず多くの利用者にサービスを提供している施設への就職を検討している場合には、見学を通じて業務内容や職場環境、スタッフの働きぶりなどをきちんと確認しておきましょう。
職場の雰囲気は求人票ではわかりませんが、施設見学をすることでだいぶ掴めます。
中途採用の介護職員へのサポートがしっかりとしている施設の場合、求職者を対象とした施設見学会が一年を通じて開催されることがあるため、少しでも仕事の内容に興味があるのであれば見学の申し込みをするのが、転職成功の第一歩になるでしょう。
《参考サイト:介護業界への入職前に見学へ

一般的に、特別養護老人ホームや介護老人保健施設など、利用者の要介護度が高い施設の場合、転職者に期待するスキルが高くなる傾向があります。
そのため、転職活動を通じて、自分にあったレベルの働きやすい職場を見つけることが肝心です。
もし自分の介護スキルに自信があるのであれば挑戦してみるのも良いでしょう。
特別養護老人ホームなどでは、介護職員の他にも社会福祉士、管理栄養士、看護師などの専門スタッフが多く働いているため、介護だけでなく他の専門的業務について知る機会があるのもメリットです。