2019/11/18
Breaking News

転職先を選ぶポイント

今現在働いているところを辞め、新しい職場で一から仕事をスタートさせるのは簡単なことではありません。
もし一つの職場で長く勤められるのなら、それに越したことはないでしょう。
しかし、どんな仕事でも辞めざるを得ない状況に陥ることは多々あります。
そのため、転職するときは長く勤められる職場を選びたいところです。

長く務められる職場を見極める第一のポイントは、自分の中で問題となった退職理由が改善できるような環境かどうかです。
特に介護職で多いと言われる転職理由として人間関係があります。
そのため施設を見学させてもらったり、転職エージェントから情報をもらったりすることで、施設の雰囲気を少しでも掴むことが大切です。

それから、転職の原因として、給与や手当などの待遇が当初の話と違っていたというのもよく聞きます。
一般的には基本給に手当をプラスするのが普通ですが、ところによっては基本給の中に手当を含めてしまっている場合があります。
そのため、転職する際はあらかじめ確認しておくのが良いでしょう。
また、処遇改善加算やボーナスの前年支給実績、有給取得率なども面接の際に質問するというのも良い方法です。
直接聞くことで面接官の顔色も伺うことができますので、あらかじめあまり良くない待遇のところを避けることができるでしょう。
加えて、「手当てでの高収入を期待していたが思ったより夜勤が少なかった」という不満や、「サービス残業が多かった」という不満も少なくありません。
夜勤をたくさんしたい人は夜勤専門職を選ぶのも一つの選択だし、残業については面接時に残業についてしっかりと確認しておくことでリスクを下げることができます。